【5月発】フィレンツェ、ヴェネツィア、バルセロナ9泊11日

2013.11.18更新!

~お手配しました こんな旅~


ここでは、当社トライデント・ツアーズの旅のコンシェルジュが、これまでにお手配しました旅を紹介しています。
モデルプランとしても、どうぞご参考にしてみて下さい!

≪CASE 5-1≫ エールフランス航空・往路エコノミークラス、復路プレミアムエコノミー利用
【5月発】フィレンツェ、ヴェネツィア、バルセロナ9泊11日
 
  

商品代金(当時)お1人様あたり 約240,000円(燃油サーチャージ、空港税ほか別途)
スケジュール
(成田発着9泊11日)
(1日目)
成田空港発(午前) ~ パリ・シャルルドゴール空港着(午後) ※エールフランス航空利用
 ●乗り継ぎ●
パリ・シャルルドゴール空港発(夕方) ~ フィレンツェ・ペレートラ空港着(夜)
※エールフランス航空利用
着後、ご自身にてホテルへ
 フィレンツェ ホテル・リヴォリ 泊

(2日目)
終日フリー
フィレンツェ ホテル・リヴォリ 泊

(3日目)
終日フリー
フィレンツェ ホテル・リヴォリ 泊

(4日目)
終日フリー
フィレンツェ ホテル・リヴォリ 泊

(5日目)
ご自身にて、フィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅へ
フィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅発(午前) ~ ヴェネツィア・サンタルチア駅着(午後)
※イタリア国鉄・新幹線ユーロスター利用
着後、ご自身にてホテルへ

以降フリー
 ヴェネツィア ホテル・カヴァレット&ドージェ・オロセオロ 泊

(6日目)
終日フリー
ヴェネツィア ホテル・カヴァレット&ドージェ・オロセオロ 泊

(7日目)
出発までフリー
ご自身にて、ヴェネツィア・マルコポーロ空港へ
ヴェネツィア・マルコポーロ空港発(午後) ~ バルセロナ・プラット空港着(午後)
※イベリア航空利用
着後、ご自身にてホテルへ

以降フリー
 バルセロナ ホテル・987バルセロナ 泊

(8日目)
終日フリー
 バルセロナ ホテル・987バルセロナ 泊

(9日目)
終日フリー
 バルセロナ ホテル・987バルセロナ 泊

(10日目)
午後までフリー
ご自身にて、バルセロナ・プラット空港へ
バルセロナ・プラット空港発(夕方) ~ パリ・シャルルドゴール空港着(夜) ※エールフランス航空利用
 ●乗り継ぎ●
パリ・シャルルドゴール空港発(夜) ~
 機中 泊

(11日目)
成田空港着(夕方) エールフランス航空利用
***お疲れ様でした***
参加人数3名様
代金に含まれるもの・成田→フィレンツェ、バルセロナ→成田のフライトチケット
(エールフランス航空・往路エコノミークラス、復路プレミアムエコノミー)
・朝食付き宿泊
・フィレンツェ→ヴェネツィアの新幹線ユーロスターチケット(1等)
・ヴェネツィア→バルセロナのフライトチケット(ブエリング航空・エコノミークラス)
利用ホテル【フィレンツェ】ホテル・リヴォリ
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅近くに立地する、旧市街へも徒歩圏内の、14世紀からの建物を改装した4つ星ホテルです。
【ヴェネツィア】ホテル・カヴァレット&ドージェ・オロセオロ
サン・マルコ広場の裏手に立地し観光に便利な、ベージュを基調としたヨーロピアンスタイルの4つ星ホテルです。
【バルセロナ】ホテル・987バルセロナ
新市街のアシャンプラ地区、ディアゴナル通りやカサ・ミラのすぐ近くに立地し、サグラダ・ファミリアへも徒歩圏内で観光に便利な、バルセロナらしいモダンな4つ星デザインホテルです。
旅のコンシェルジュより・のんびり9泊11日、イタリア・スペインの2国周遊旅行です。

・往路はエコノミークラス利用ですが、復路は1ランク上のプレミアムエコノミーを利用。片道だけプレミアムエコノミーにすることも可能です。また、10日目はギリギリまでバルセロナに滞在したいとのことで、夜便へ乗り継ぐ流れにしました。
エールフランス航空の現地発夜便はパリ発23時台なので、最後まで時間を有効に使いたい方にはおすすめです!

・パリ→日本のプレミアムエコノミーおよびエコノミークラス(エールフランス航空機材のみ)は、機内食をアップグレードすることも可能です。
詳細は、エールフランス航空の「アラカルトミール」の紹介ページをご参照ください。

・ホテルは各都市とものんびりと滞在、観光するため、街の中心の4つ星ホテルでのご案内となりました。

・フィレンツェ→ヴェネツィアの区間は、イタリア版新幹線ユーロスターの1等を利用。鉄道の旅も楽しめます。
また、現在は、次世代高速列車のイタロも同区間を運行していますので、試してみてはいかがでしょうか。

・ヴェネツィア→バルセロナの区間は、イベリア航空利用ですが、ブエリング航空機材の共同運航便です。
イベリア航空便としてフライトを確保した場合は、ローコストキャリアのブエリング航空ではなく、イベリア航空の預け荷物規定が適用されます(2013年11月現在)。