【6月発】ミラノ、ボローニャ、トリノ、ジェノヴァ13泊15日

2015.11.10更新!

~お手配しました こんな旅~


ここでは、当社トライデント・ツアーズの旅のコンシェルジュが、これまでにお手配しました旅を紹介しています。
モデルプランとしても、どうぞご参考にしてみて下さい!

≪CASE 6-3≫ エールフランス航空/アリタリア=イタリア航空・プレミアムエコノミークラス利用
6月発】ミラノ、ボローニャ、トリノ、ジェノヴァ13泊15日

   

商品代金(当時)お1人様あたり 約420,000円(燃油サーチャージ、空港税ほか別途)
スケジュール
(羽田発成田着13泊15日)
(1日目)
羽田空港発(朝) ~ パリ・シャルルドゴール空港着(昼) 
※エールフランス航空(プレミアムエコノミー)利用
 ●乗り継ぎ●
パリ・シャルルドゴール空港発(午後) ~ ミラノ・リナーテ空港着(午後) 
※エールフランス航空利用
着後、ご自身にてホテルへ
 ミラノ ホテル・マンツォーニ 泊

(2日目)
終日フリー
ミラノ ホテル・マンツォーニ 泊

(3日目)
ご自身にて、ボローニャのホテルへ

以降フリー

ボローニャ ホテル・コンメルチャンティ 泊

(4日目)
終日フリー
ボローニャ ホテル・コンメルチャンティ 泊

(5日目)
終日フリー
ボローニャ ホテル・コンメルチャンティ 泊

(6日目)
ご自身にて、ミラノのホテルへ

以降フリー

  ミラノ ホテル・マンツォーニ 泊

(7日目)
ご自身にて、トリノのホテルへ

以降フリー

 トリノ ホテル・グランド・シテア 泊

(8日目)
終日フリー
トリノ ホテル・グランド・シテア 泊

(9日目)
終日フリー
トリノ ホテル・グランド・シテア 泊

(10日目)
ご自身にて、ジェノヴァのホテルへ

以降フリー

  ジェノヴァ ホテル・ブリストル・パレス 泊

(11日目)
ご自身にて、ミラノのホテルへ

以降フリー

  ミラノ ホテル・マンツォーニ 泊

(12日目)
終日フリー
  ミラノ ホテル・マンツォーニ 泊

(13日目)
終日フリー
   ミラノ ホテル・マンツォーニ 泊

(14日目)
出発までフリー

ご自身にて、ミラノ・マルペンサ空港へ
ミラノ・マルペンサ空港発(午後) ~
 機中 泊

(15日目)
成田空港着(朝) ※アリタリア=イタリア航空(プレミアムエコノミー)利用
***お疲れ様でした***
参加人数2名様
代金に含まれるもの・羽田→ミラノ、ミラノ→成田のフライトチケット
(エールフランス航空/アリタリア=イタリア航空・プレミアムエコノミークラス)
・朝食付き宿泊
利用ホテル【ミラノ】ホテル・マンツォーニ
ミラノの街の中心・モンテナポレオーネ通りやスピガ通りといったショッピングストリートの近くに立地する、観光に便利で比較的リーズナブルな4つ星ホテルです。
【ボローニャ】ホテル・コンメルチャンティ
街の中心のマッジョーレ広場のすぐ近くに立地する、観光に大変便利な4つ星ホテルです。
【トリノ】ホテル・グランド・シテア
トリノの中心駅の1つ、ポルタ・ヌォーヴァ駅から王宮方面へ約300メートルの場所に立地し、鉄道移動にも観光にも便利な4つ星ホテルです。
【ジェノヴァ】ホテル・ブリストル・パレス
街の中心・フェッラーリ広場の近くに立地しているため、ピアッツァ・プリンチペ駅から地下鉄でのアクセスも可能。市内観光にも移動にも便利な4つ星ホテルです。
旅のコンシェルジュより・往路はエールフランス航空・復路はアリタリア=イタリア航空。
ともにプレミアムエコノミー利用のプランです。

従来のエコノミークラスより横・奥とも20%広い座席のため、より快適な空の旅を楽しめます!

・エールフランス航空とアリタリア=イタリア航空は、往路と復路のコンビネーションが可能です(航空券単品購入の場合のみ)。それを利用して、往路は午前出発のエールフランス航空で乗り継ぎを経て明るい時間にミラノへ入り、復路はアリタリア=イタリア航空のミラノからの直行便で成田へ戻りました。

・ミラノのホテルを拠点として北イタリアをのんびり観光する、13泊15日のプランです。

・滞在は全て観光に便利な立地の4つ星ホテル。お客様がツインルーム、バスタブを希望されていましたので、ボローニャは(スタンダードルームはシャワーオンリーのため)バスタブが付いているカテゴリーであるデラックスのお部屋をお手配しました。

・都市間移動は鉄道利用。日本で事前予約をせずに、現地到着後にスケジュールに合わせてお客様ご自身にて購入されました。